四国トコトコ

秘境、パワースポット、温泉、酷道、キャンプ、ツーリング、グルメ、珍地名、など主に南愛媛~高知西部をのんびりトコトコ

【スポンサーリンク】

ヘルットニエミのマリメッコアウトレットでショッピング!2017夏フィンランド旅その5

f:id:tepo1173:20171202140109j:plain

こんにちは、まめてっぽーです。まだしばらく夏のフィンランド編が続きますが、もう少しお付き合いください。今日はマリメッコについての情報リクエストをいただきましたので、マリメッコアウトレット編をお届けしたいと思います。

ヘルットニエミのアウトレットの他、ハカニエミマーケット店とヴァンターのジャンボショッピングモール店にも行ったのですが、そちらでは写真撮っておらず…で、市内から地下鉄に乗って行ったアウトレット店レポートです!

場所

半地下鉄でヘルットニエミのアウトレットへ

f:id:tepo1173:20171202135954j:plain

朝からザーザー雨ふりだったこの日、小雨になってきたのでヘルシンキ郊外にあるマリメッコアウトレットに行ってみることにしました。

カンピの駅から地下鉄に乗って、と思ったら地下鉄だったのは一瞬で、すぐに地上に上がり7駅目がマリメッコアウトレットがあるヘルットニエミの駅。確か15分もかからないくらいのすぐだったような…。1デイチケットはトラム、バス乗り放題だし地下鉄にも乗れてしまうので、本当に便利なチケットでしたよん。

ヘルットニエミの駅からマリメッコまでは徒歩10分程度なのですが、途中ものすごいスコールというかゲリラ豪雨が降ってきて、傘は全く役に立たず、びしょぬれで花屋さんに避難させてもらったり…、近いのにかなりヨレヨレになって、マリメッコ本社&アウトレットに到着したのでありました。

あっさりした本社ビルと社食

f:id:tepo1173:20171202140010j:plain

通りの看板みたいなウニッコ外装だったらテンションあがるのですが、このサインがあるのでかろうじてマリメッコと分かる、いたってふつーのビルの中にある本社&アウトレットです。

f:id:tepo1173:20171202140027j:plain

 中に入ると左手にショップ、右側には

f:id:tepo1173:20171202140045j:plain

 人気のマリメッコの社食があります。10ユーロ程度で誰でも利用できるので、ここでお昼を食べようと思っていましたが、ごらんの通りに混んでいまして、しかも雨にうたれてざぶ濡れ状態…。でしたので、潔く社食はあきらめました。

テンション上がるウニッコ柄がいっぱい!

f:id:tepo1173:20171202140109j:plain

で、左側のお店部分に入り、足元から天井まで並べられたカラフルなウニッコ群に早速惹きよせられます。(ウニッコ大好きなまめてっぽー、ざぶ濡れでもテンション上がる♪ ^^)

が、人気色のウニッコなどはあまりここには揃っておらず、人気のお品はハカニエミのお店が一番品数多かったような感じでした。。

上の写真はアウトレットではないコーナー。

f:id:tepo1173:20171202140126j:plain

ブルーのウニッコの折り畳み傘とデイバックを、ミンナが連れて行ってくれたヴァンターのジャンボ店でゲットしていたので、他のものを物色。

ジャンボで買ったものがここにはなかったので、ジャンボ店で買っておいてよかった~♪、と思ったら後で行ったハカニエミ店に山盛りありました…!笑)

f:id:tepo1173:20171202140432j:plain

f:id:tepo1173:20171202140407j:plain

ファブリックもいっぱい。

f:id:tepo1173:20171202140458j:plain

業者の方なのか、日本人の若いお姉さんがものすごい量のいろんな生地を買ってたりしました。

 f:id:tepo1173:20171202140142j:plain

ここではカードセットと、

f:id:tepo1173:20171202140759j:plain

バッグを2つお買い上げして、タックスリファンド(免税)の手続きをしました。

ものすごい雨のせいでバッグの中までびしょ濡れだったので、パスポートなんて持ってなくてよかった!(免税申請にはスマホのパスポートの写真でOKです。)

フィンランドの免税手続き

f:id:tepo1173:20171202140736j:plain

40ユーロ以上買い物したら忘れずにかならず「タックスフリーショッピング、プリーズ!」とレジで叫びましょう(笑)。こちらから言わないと忘れている店員さんもいるので。パスポートが必要ですが、本体でなくてもコピーや写真があれば大丈夫です。

f:id:tepo1173:20171202140632j:plain

フィンランドでは40ユーロ以上の買い物をすると、免税の書類を支払い時に作ってくれます。出国時に空港でその書類を免税カウンターに見せるか、書き込まれている数字をセルフの免税マシン(?)に打ち込めば、支払った額の1割程度が戻ってきます。

f:id:tepo1173:20171204080522j:plain
【この写真のみ、一枚だけ撮っていたハカニエミ店の写真】

まめてっぽーのおすすめはカウンターよりセルフのマシン。空いてますし、なんたって無人くん(←古い!(^▽^;))なので証拠のブツを持ってなくていいのです!

飛行機のチェックイン時にカウンターに預けちゃって、身軽になって書類とパスポートだけ持ってマシンに向かえばいいのですから。使用言語では日本語も選択できます、とは言っても分かりにくい言い回しだったりするので、英語の方がおすすめだったりします…。

 

ちなみにカード明細をみてみると、この時には約26,000円に対して3,000円が戻ってきてました。そして帰国後、買ったものをチェックしてみたらだいぶお得に買えてたので、セコく嬉しいまめてっぽーなのでありました。

 今日はここまで!です。読んでくださってありがとうございました~(^^)/

 【スポンサーリンク】

 

プライバシーポリシー
Copyright © 2016 4toco.com All Rights Reserved.